DDPフォーマットの試聴について

最終更新: 2019年2月3日


先日書きましたCDのプレスマスターとなるDDPフォーマット。

このフォーマットはそもそも一般ユーザー向けでは無いため、

汎用のソフトで再生できるフォーマットではありません。

じゃぁオンラインサービスのマスタリングでお客さんが

マスタリング音源のチェックをする時どうすればいい?と思われると思います。

当サービスでは、お客さまに専用のDDPプレーヤーソフトを支給します。

このソフトはMacとWindowsの両方で利用できまして、

お客さんの環境がどちらであっても

当サービスで書き出したDDPファイルを再生出来ます。

このsonicbird mastering専用DDPプレーヤーは、

当サービスでお客さま専用に書き出したDDPファイルのみを再生出来ます。

ただしその他のDDPファイルは再生できません。

セキュリティー上そういう仕組みになっています。

この専用DDPプレーヤーを利用出来る利点は、

他社で見かけるmp3での試聴などとは違い、

CDと同じ音質でチェックできることはもちろん、

曲間タイムなど盤のトータルな状況をチェック出来ることです。

アルバム等においては曲間タイムも音楽の表現のひとつですが、

DDPプレーヤーを使うとそれらも全て含めたチェックが可能なのです。

ちなみにこの専用DDPプレーヤーは、当方からの書き出し設定により、

お客さま自身のパソコンでオーディオCDRへの書き出しも可能に出来ます。

これは実際にCDプレーヤーで確認したいというお客さまにとっては、

とても便利な機能だと思います。