ライブ映像と音声の関係

最終更新: 2019年2月3日


この週末からはライブ案件のお仕事が始まります。

ライブDVDやブルーレイなどのメディアとして発売する

映像に絡んだお仕事の場合のサンプリング周波数は大概48KHzまたは96KHzとなります。

このサンプリング周波数の選択は

メディアのフォーマットの制約範囲内であれば自分の都合だけで決定できる

…というわけではなく、

発売するコンテンツの総容量や転送レートのうち

どのくらいを音声に割り当てられるかで変わってきてしまいます。

ですので、事前の打ち合わせをきちんとしておかないと

あとでトラブルの元となりますので注意しましょう。

0回の閲覧