ライブ収録の映像と音声の同期について#1

最終更新: 2019年2月3日


ライブ録音…ビデオが絡んだライブのお仕事では基本的な大きな選択肢として、

映像と音の同期をどうするかという問題があります。

映像の録画と音声の録音は別の機材となるので、

その機材同士の速度同期をするかしないかという選択となります。

現在の機材はともにデジタルなので

お互いに速度同期を取らなくてもそんなにはずれないだろう?…と思うかもしれませんが、

同期を取らずに収録すると両者の速度は確実にずれます。

この映像機材と音声機材の速度同期をかける手段として、

ハウスシンクとかビデオシンクとかと呼ばれる方法があります。

(他にもゲンロックという言い方など様々な呼ばれ方があります)

簡単にいうと、基準となるビデオ信号を共通の速度同期信号として

お互いに利用する方法となります。

その際「基準となるビデオ信号」は「シンクジェネレーター」という機材から供給され、

受け取った各録画/録音の各機材がその基準信号を元に動作することとなります。

各機材の速度の基準となる基準信号が共通となるので、

全ての録画/録音データの速度が同じになるという原理です。

ハウスシンクしてのライブ収録の場合各機材の録画/録音スピードは一緒なので、

一度お互いの位置情報さえあわせてしまえば、

あとは必ずどこまでもそれぞれの位置が同じとなり、

尺の編集(例えば間をつまんで短くする/間を追加して長くする等…)をしない限りは

必ず互いに同じ位置で再生できます。

ハウスシンクしての収録にはメリットがありますが、それはまた明日にでも!

0回の閲覧